プロのプログラマの方とシステム開発演習

>

今日は。

札プロの横田です。

札プロでは最近、プロのITエンジニアやプログラマの方が「独学でプロになられたので正規のシステム設計・開発方法をマスターしたい」と入会されています。

忙しい業務の中で継続して授業を受講される方も多いです。

この度、システム開発論の継続講座として7講座のPHP、Javaの「システム開発演習」講座を始めます。

これは現在受講されている生徒さんからのご要望があって作った「オーダーメイドカリキュラム」です。

「プログラム開発論」が大変好評で今回ご要望があって作成しました。

また今年教えていた札幌情報専門学校でも伝統的にガッチリ、システム開発演習に力をいれておりますのでその事も今回のご要望と新講座の作成に繋がったものと思います。

内容は、システム開発論の受講後「ネットショップのシステム」をJava、またはPHPでテンプレートを使わず純粋なコーディング(すべての文の手打ち)で作るもので、このようなシステムを作ってほしいという「要望書、要件定義書」はこちらでお渡しします。

その後、概要設計図や詳細設計図、大日程表、小日程表(工程表)、クラス図、画面設計図、画面遷移図、変数定義一覧表などを情報処理推機構(IPA)や国際標準化機構が定める世界標準の設計手法で作っていただきこちらで添削し完成させていただくものです。

これらの勉強を「本やネットですれば良いのではないか?」と思われるかもしれませんが、以前もお話した通り、設計図や開発手法は企業秘密なのでまず本やネットには載っていないのです

この開発演習経験を持つことで、原則としてどんなシステムでも作れるようになります

札プロは引き続きプロのエンジニアの方に確かな知識・技術・ノウハウでご期待に沿っていきたいと思います。

 

By