初心者・未経験者がWEBデザイナーになるには?

>

独学でWEBディレクター・WEBデザイナーになった私が教えてあげましょう

札プロでは札幌市とタイで30店舗を経営する飲食サービス業(株)APRの全店サイトを昨年作り直しました。
現在もその仕事は続いています。

30店のサイト群全体の設計(ディレクション)と実際の制作を受託したのですが、責任者の私横田は、ホームページ作成は独学です。
DreamweaverもWordpressもHTMLやCSSもイラストレータやフォトショップの操作も全て独学です。

 私のように独学でもプロに成れるのかと聞かれれば、成れたのだから成れるとしか答えようがありません。

ただし、私のようなケースは恐らく非常に特殊ではないでしょうか?

約15年前の札幌WEBプログラミングスクールの開校時から、最初はホームページビルダーを使ってスクールのホームページを作って来たので制作履歴は長いですね。
結局、ホームページ作成を業務請負出来るようになった決め手は、この札プロのサイトなど月に数十万円稼げるサイトを複数作って所有していた事。
さらに、通学生にPHP言語プログラミングを習いに来た大物アフィリエイタが多く、ホームページで稼ぐ、つまりネットマーケティングのノウハウにほぼ精通していてそのノウハウを習得していた事。
それと長年絵画を制作していたので作画には慣れていた事もあると思います。
また、文章を書くのが得意な事もあるでしょう。

実際にクライアントのホームページを毎日のように作っていて痛烈に実感するのは、ホームページのコーディング=出来上がったヘッダーやバナーなどの部品となる画像と自分で考えた文章で組み立てる作業はほとんどプログラミングと一緒だという事です。

この傾向は日々強くなっていますね。

ホームページ作成がプログラミングの領域をどんどん浸食して行ってます。

ホームページ作成は英語や絵画と同じ。とにかく作り話す事

語学ならとにかく話した人が習得していくと思いますが、ホームページも作った数に、特に高い要求を出されてそれに応える形でサイトを作成する事が一番力が付きます。

ですからWEBデザイナーに成りたい人は、まずはどんなホームページでも良いから作る事でしょう。
しかし、それでも皆目見当がつかない人も多いと思います。

ホームページ作成は最初にドメインを購入し、レンタルサーバーに申し込み、ネーミングサーバーの設定に進みますが、まずこういった事が何なのかも分からない人が大半かもしれません。

◆やはり習得までの時間を短縮したいのなら良い先生に習うのが一番だと思います。
良い先生とは最低限身に付けなければならない基礎基本を効率よく教えてくれる先生ではないでしょうか?

そしてネットでの集客にも精通する稼げるホームページを作れるノウハウを持っている事。

現場に出てみれば分かりますがお客さんも制作チームのメンバーもまずこのノウハウは持っていません。

一つ言える事は、このノウハウがある人はアフィリエイタなどになってネットで大金を稼いでいます。
だから、サラリーマンにはならないんですね。
どれくらい稼ぐかというとつきに1000万円売上げるアフィリエイタはざらに居ます。
LFMというアフィリエイタのフォーラムの会員平均売上は350万です。

一般に想像されるのと比べると桁が一つ違うでしょう。

自分独自のお金儲けのノウハウなのでまず絶対に人には一部分しか教えません。

ではどうやったらこのノウハウまで習得できるのか?

実際に月に最低何十万と稼いでいる人に会ってみる事です。

「ホームページで稼げるんだ」と心底実感したときあなたの意識が変わると思います。

◆今お話したようなスキル・ノウハウが札幌WEBプログラミングスクールでは学べます。

◆ではいつ入会するのか? 今でしょ! 

By