WEBデザイナーが枯渇している。況やPHPプログラマをや。

>

最近は、色んな仕事の請負の関係でホームページ制作会社の担当者とお話する機会が多いです。

そこで一様におっしゃるのは 「WEBデザイナーが枯渇してしまった。」(枯渇という言葉は担当者の方がおっしゃった言葉です) と言われるのです。

特に首都圏のホームページ制作会社の方がそう言われるのです。

首都圏では仕事は有り余っているのにデザイナーやエンジニアを募集しても来ないので、首都圏の制作会社が何社も札幌に2014年末に支社を開設しました。

しか~~~し!

「首都圏なおもてデザイナー、プログラマ枯渇する。況(いわん)や札幌、福岡をや!」

であります。

札幌の会社の人の話を聞くと

「一体どうしたんでしょうねえ。2010年当時は1人募集したら30,40名募集してきたのに今は20名ぐらいしか応募してこないです。 ホームページデザイナ-はどこに言ったのですか?横田さん」

というのです。デザイナーをまるでニシンのようにおっしゃりますなあ。(笑)

だいたい札幌を田舎と見なしすぎです。

事実、札幌に来たからといって人材が確保できる訳もなく、支社の開設では人が集まらず相当パニックになっているようです。

札幌もサイト作成依頼はすごい数あります。

私が「あの~~~、職業訓練の人たちは来ませんか?」と聞くと

担当者さんは「あの程度の意欲では~~。私も数回講師をしていましたが、大手に就職したのは一人だけです。」

などと言います。

しかし、私も職業訓練実施しましたが20%位は非常に熱心な生徒さんがおられました。

特に40代などの年輩の方ほど真剣でした。

しかもあの時は札幌では2ヶ月で200名とか年間でものすごい数の「WEBデザイン訓練の修了生」を出していたのです。私も思うのですが彼らは何処に消えたのでしょう?

「母さん、いったい彼らはどこに行ってしまったのでしょうねえ?(W)」

私も本当に不思議です。(w)

「今はどこの企業もホームページを持っており、デザイナーを抱えているので不足しているのですよ。」 と担当者は言われます。

話を聞くと採用担当者が期待するような即戦力がいないという事なのです。

さらには「WordPressなどのCMSのコーディングをできるPHPプログラマがいない。」

「純粋にPHPでポータルサイトやショッピングサイトを制作できるプログラマがいない。」

という事みたいです。

泣く子も黙るアフィエイエイタ、LFMの浜本さんがあるセミナーで

「あの皆さんPHPプログラマとか募集するじゃないですか? でもそんな人来ないし・・・、絶対来ないし・・・、皆さんの会社に来たことあります?」 と言っていたのを思い出しました。

会場の名うてのアフィエイタさんたちは一様に黙っていました。

PHPプログラマはサイバーエージェントやグリーなどで取り合いになっており、いつも、

「引きぬいた、引きぬかれた!」

の騒ぎをしているのです。

藤田社長も先日社員の引き抜きで激怒しましたからねえ・・・・・。

PHPプログラマ・・・・札幌でも年収は経験者なら800万円、首都圏では1,000万からが常識のようです。

無理ですよね~~~。ホームページ制作会社さんのご提示額では。

安く雇用しようとしても。

23万円の給料では。

By