生徒さんの就職活動と現況のご報告。高く評価される1年で基本情報技術者試験合格の実績!

>

 今日は。

 札幌WEBプログラミングスクールの横田です。

とうとう北海道にも本当に短い夏が来ました。 北海道の夏は正味1ヶ月半です。たいていはお盆休みには涼しくなります。

夏と言えば、ドーピングでランスアームストロングの7連覇の記録が抹消されたツールドフランスです。

スカパーで毎年観ています。ツールを観ると「真夏だなあ!」と感じます。

解説の栗村さんも言うようにドーピングはやはり行われているでしょう。でも、プロレスのように私は楽しんでいます。
と言うより、観ないと夏が来た実感が沸かず、そのまま秋になってしますからです。

私自身もロードレーサーも乗る10年来の大の自転車マニアなので。

さて、今日は就職活動をしている生徒さんからの色んな情報があるので伝えて良い範囲で報告したいと思います。

現在数名の方がプログラマを目指して就職活動をされていますが、こちらの札プロのITエンジニア転職支援サイトにも書いていますが、やはり一番求人を早く紹介しくれ内定をもらいやすのがITエンジニアの転職支援企業を利用した場合です。

 代表的な企業としてはレバテックキャリア、ワークポート、マイナビエージェントIT、ジョブセンスリンクがあります。

これらの企業に登録して皆さん就職活動をされています。

 この中でレバテックキャリアは首都圏での就職希望者が対象です。ワークポートは首都圏と大阪、福岡。マイナビエージェントITとジョブセンスリンクは全国の就職希望者を対象としています。

 生徒さんからの情報から分かった事はレバテッックキャリアは首都圏の現役の腕に覚えのある、企業からの強い引きのあるヘッドハンティングされそうなプログラマ・SEを対象にしているようです。

 初心者・未経験者の登録とカウンセリングに熱心と言われるワークポートは札プロの在校生のようにきちんとプログラミングの学習をした人で首都圏や近畿地方での就職希望者であれば即日ぐらいに複数の会社を紹介してくれるようです。

 紹介先の会社は規模の小さい会社や伸び盛りのベンチャー企業が多く、逆にジョブセンスリンクは大企業の紹介に熱心です。

これらの転職支援企業の詳細は『ITエンジニア転職支援.com』のホームページをご覧下さい。登録も簡単に出来ます。

1年で応用情報技術者合格レベルまで達する事を企業は高く評価してくれます

 生徒さんによれば札プロのようなプログラミングスクールに通って、あるいは通信教育で基本情報だけでなく応用情報技術者まで合格する。あるいは合格に届かなくてもあと2点で合格というのは異例のスキルの上達スピードであり、高く評価するとの事でした。

 やはり1年間でで全日制でびっちり学習する訳でなく好きな時間に学習するスタイルで応用情報の合格レベルというのは、全国で見ても飛び抜けた結果であるといえるでしょう。

 札プロは首都圏の会社でもよく知られているようで評価も高いようです。

これは今皆さんがご覧のこのサイトがプログラミングスクールなどのビッグキーワードで検索して上位に表示される事が大きいと思います。

さらにサイトを訪問した企業は札プロの資格合格実績を高く評価していると思います。

 以上、就職活動をされている生徒さんからの情報をフィードバックしてお話させていただきました。

By