通信講座のご紹介

>

Skypeによるオンライン個別指導

 自宅に居ながらにして教室に通うのと同様の1対1個別指導が受けられるTV電話授業を実施しています。
 2013年度に対前年度比で30倍の新入会生を記録した多くの方が学ばれる人気の通信講座です!

announceimg

札幌WEBプログラミングスクール 通信講座・通信教育の授業システムのご説明

自宅にいながらにして通学するのと同じ内容の授業が受講できます

札幌WEBプログラミングスクールの通信講座は『オリジナルテキスト+市販テキストにその解説講義音声』が教材です。
一部の講座以外の全講座の講義音声が外付ハードディスクに記憶されています。

通信講座ではこのテキストと音声を「学習の進め方」「提出期限付きの提出課題・確認問題」とともに定期的にお届けします。
このオリジナル教材は過去15年以上に渡って膨大な時間を費やして制作されました。古くなった一部の教材はリニューアルしています。

最初は自学自習用のプリント教材をWORDと一太郎、手書きで作成し、授業の前にその解説音声をカセットテープに吹き込む事から始めました。
やがて、このテープをパソコンに取り込みmp3音声に加工し、ハードディスクに保存し始めました。教材の全容量は約100GBに及びます。

★各講座は全てカリキュラムが決まっており、入会時に学習単元ごとの講座数を記載した「カリキュラム」と「標準の進度表」をお渡しします。
この進度表に従って学習を進めるのが標準的な学習スピードとなります。

オリジナルテキストの特徴はアルゴリズムを徹底重視した圧倒的な分かりやすさ!

札プロのオリジナルテキストとその講義音声の特徴は圧倒的な分かり易さと詳しさにあります。
この点については他校の通信講座も受講された生徒さんからも太鼓判をもらっております

これはテキストを元々読むだけで理解できる『自学自習用テキスト』として開発していったという経緯と、高校商業科、普通科コンピュータ専門学校でのプログラミング授業などの豊富な長年の教務経験から得られた指導ノウハウが込められています。

さらに、薄っぺらで安物の知識・技術を習得して就業することを嫌い、『現場で必要とする十分な妥協なしのスキル』を身に付けもらうという長年の方針から、例えばJava応用、WEBサーバー構築講座のEJB(Enterprise Java Beabes)の教材では、例題プログラムのコード(文)1行に対して約10行という詳細な解説を行い、学習したすべての新出用語についての確認問題が用意されています。

そのため通学制の講座でも同時間帯に十数人の生徒さんがこの教材で学習していても質問はほとんど出ません。

◆特にプログラミング授業の導入では、授業を参観した方が驚く札幌ソフトウェア専門学校(札幌情報未来専門学校)の伝統的な指導ノウハウを発展させた他校に類を見ない導入メソッドを取っています。

札プロの授業と卒業生はハイレベルです

長年、高校、専門学校、職業訓練などで指導してきて札プロの授業レベルと卒業生の実力は非常に高いと実感しています。

 例えば同じく国家試験、基本情報技術者試験の合格を目指すコースでも、他校が基本情報技術者試験の範囲にC言語の基本文法の学習で目一杯のところ札プロは期間が8ヶ月と短いにもかかわらず「Java基本+応用」の実務プログラム作成やプログラム開発論まで学習します。

 また、札プロを選ばれる生徒さんは色々なスクールをじっくり検討し色んな口コミを調べて入会されるため資質が高いという事もあります。

◆しかし、「短期間でプログラミングとはどういうものかを知りたい」「プログラマとはどういう職業かを知りたい」「Wordpressの使用方法の概略を知りたい」といった方には敷居が高く感じられるかもしれません。

 現在札プロではPHP言語を中心としたプログラミングとホームページ作成の概略を知る入門講座を準備しています。
 現在の入門講座は「プログラミング基礎講座」とホームページ作成の「ホームページ作成講座 HTML+CSS Dreamweaver使用」「WordPressテンプレート 賢威のカスタマイズによるブログ形式サイトの作成」ですのでそちらをご選択下さい。

全授業をSkypeで受講する生徒さんが増えています。画面を共有するTV電話授業!

全国どこからでも自宅に居ながらSkypeによるTV電話授業を好きな時間に予約を入れて受講していただけます。
簡単に画面共有が出来るので通学するのとほとんど変わらない授業が受講できます。
多くの生徒さんが受講されており、通学する代わりに全授業をSkypeで受講される方が増えています。

Skype授業は通学するのと同じようにモチベーション(継続する意欲)を高く保っていけるため、継続率・卒業率ともに通学制同様に非常に高くなる事にあります。

不定期でもSkype授業のご利用をお勧めいたします

通信講座はもちろん人によりますが、モチベーションの維持が通学制より難しい事は否めません。
そこで、『月4回、あるいは2回など曜日と時間を決めて学習進行状況のカウンセリングを受ける』とか、『不定期でも良いから時々予約を取って学習上の疑問点や悩みを相談する』事をお勧めいたします。

例えば有料で1対1の就職支援をしているベルコリンズ研究所の「1対1 就職活動支援」では2ヶ月以内の就職を目指し週に1回30分、電話での相談受付・カウンセリングを行っています。

これは元々、小中学生の勉強の通信教育で行っていたサービスを就職支援に転用したものです。

週1回の電話でのやり取りが励みとなりより意欲が高まり順調に教材をこなしていけるようになるわけです。

通信講座の受講システム

➀オリジナルテキスト(一部市販テキストを使用)+講義音声による授業

➁カリキュラム(進度表)に従って自宅で学習していただきます。

➂講義音声を聴き終えたら確認問題を学習

➃確認問題の間違った箇所を理解し直し完璧になったらプログラミングなどの実習課題を演習

➄以上の学習が終了したら『提出課題』を解いてメールまたは返信用封筒にて送って下さい。

➅答案を添削して返信いたします。

●もし提出課題が期日までに提出されない場合はまずはメールでご連絡差し上げます。
その後もご連絡が無い場合はお電話でご連絡差し上げます。