中高年の転職術 という本の表紙

札プロで採用している転職活動の本です。

こんにちは皆さん、中高年の転職において、プログラマとWEBデザイナー、そしてWEBマーケッターなどの職種では、転職可能な年齢の限界が異なることをご存知でしょうか。今回は、その詳細についてご紹介します。

まず、異業種からプログラマやシステム・エンジニアとして転職する場合、年齢的な限界は35歳前後とされています。遅くとも38歳が限界と考えられています。では、その理由を見てみましょう。

① ソフトウェア制作においては、納期前の1ヶ月は多忙となり、毎日終電帰りなどの勤務が一般的です。そのため、若い人たちが多く採用される傾向があります。このような過酷な状況に耐えるため、若さが求められるのです。

② 35歳を過ぎてプログラマのチームに入ると、休み時間の話題などでジェネレーションギャップが生じることがあり、非常に精神的なストレスとなり、早期辞職に繋がることが多いです。年齢の違いによるコミュニケーションの難しさがあるため、注意が必要です。

③ 35歳を超えると、プログラマチームのリーダーでシステム総設計者であるシステム・エンジニアとしての活躍が求められることがあります。そのため、若いうちにキャリアを積んでリーダーシップや設計のスキルを身につける必要があるのです。

一方、WEBデザイナーやWEBマーケッター(SEO担当)としての転職においては、年齢制限はないことが一般的です。未経験者や経験者が年齢に関係なく転職や就職が可能な理由は以下のようになります。

① デザイナーやWEBデザイナーに求められるのは、経験の有無よりも、プロとして期待されるレベルのホームページやメニューなどの成果物が作れるかどうかです。その時点で作れる作品のクオリティが重視されるため、年齢よりも実力やセンスが重要とされます。

② デザイン関連の職種は、プログラミングのように納期前に激務になることは一般的ではありません。定時の出社や退社が尊重される職場も多くあります。そのため、年齢制限があまり厳しくないのです。

このように、プログラマとWEBデザイナー、そしてWEBマーケッターとしての転職における年齢制限の違いには注意が必要です。自身のスキルや適性に基づいて、適切な転職先を見つけることが大切です。

ですから、就転職をめざされている方には無料相談会でも、このリミットを前提に、今までの経歴をお聴きして最適のコースをご提案させていただいております

以上が今回の記事でした。

中高年の皆さんも、転職において年齢制限を理解し、新たなキャリアを切り拓いていきましょう!

写真は、札プロの就職活動メソッドの基本となっている『2か月以内に90%以上の方が内定獲得できる就転職活動』を実践している佐々木一美さんの著書です。

札プロ代表の横田は佐々木一美さんに個人研修を受け佐々木メソッドをIT業界用にアレンジして独自の転職活動のメソッドを確立しました。

参考サイト 『佐々木一美 ベルコリンズ研究所ホームページ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事