札幌市において、プログラマの採用が2023年に入ってもより意欲的で活発になってきていると北海道新聞で報じられています。

記事の内容は、「首都圏ではプログラマやIT技術者の採用が非常に困難となっている中、札幌市はそのような状況とは異なり、多くのプログラミングの専門学校や大学が存在し、人材の層が厚い

特に福岡を超える数の専門学校や大学などの情報技術教育機関があり、そのためにまだまだプログラマやIT技術者の採用が可能なため大人数の採用が続いている。」のだそうです。

札幌市では毎年、大手企業であるIBMテクノソリューションズやアクセンチュアなどが100人単位でプログラマの採用を増やしています

札幌市は、多くの学校がプログラミング教育に力を入れており、北海道情報専門学校は経済産業省主催の基本情報技術者試験や応用情報技術者試験に日本一合格者を輩出しています。

これらの学校は、プログラミングに特化したカリキュラムやITの技術を学ぶ環境を提供しており、学生たちは幅広い知識を身につけることができます。

また、札幌市のプログラミング教育は、長い歴史を持っています。特に札幌WEBプログラミングスクールは、2000年以前から優れたプログラマを輩出してきました。

その評価は札幌市内だけでなく、首都圏や中部地方にも広く知られています。

こういった動きもあり、ソフトウェア制作会社への社員派遣や、システム開発の受託に携わる札幌市を拠点とするGSIが上場しました。

GSIもプログラマを積極的に採用しており、札幌WEBプログラミングの卒業生も採用されています。

また、GSIは札幌プログラマの基金訓練でも協力してくれており、職場教育として開発現場の実際を2人のチーフ・エンジニアが講義してくれました。

このような状況は、大学生や社会人としてプログラマやシステムエンジニアとしてのキャリアを築きたい人々にとって、大きなチャンスとなるでしょう。

札幌市のプログラマの採用に対する意欲的な姿勢は、札幌のIT産業の発展にも大いに寄与しています。

これからも札幌市は、プログラマやIT技術者の育成と採用を重視し、地域の成長と発展を支える存在となっていくことでしょう。

札幌と福岡、プログラマのための住環境が優れる 首都圏の通勤電車混雑回避

札幌テクノパーク

札幌テクノパーク

札幌市や福岡市は当然のことながら、首都圏と比べると圧倒的に住環境に優れています。

安くて綺麗なアパート、マンションが豊富にあります。

札幌市厚別区にある札幌テクノパークは、札幌市内に位置し、多くのIT企業が集まっていますが、その周辺地域は、住環境が良く整備されており、アパートやマンションなどの住宅事情も充実しています。

さらに、札幌や福岡では車での通勤も一般的です。首都圏のような満員電車に詰めかける必要がなく、ストレスなく通勤できるのは大きな魅力です。

首都圏なら納期前に連日終電での帰宅となるところ、車で10分ほどで帰宅できるなど心身に掛かるストレスは大幅に低減されます。

これらの要素が、札幌と福岡をプログラマやIT技術者にとって魅力的な就業地として浮上させています

ゆえに、首都圏から札幌勤務を希望するITエンジニアは非常に多くなっています。

プログラマやIT技術者としてのキャリアを追求する方々にとって、札幌や福岡は新たな可能性と魅力を秘めた就業地となっています。

参考記事:
北海道新聞「札幌でプログラマの採用意欲的 教育機関が充実、首都圏より有利

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事